BtoBのためのWEBマーケティング手法~当社の手法

新たな体制を社内に作ることなく、
短期間で高度なデジタルマーケティングを実現します。

素晴らしいマーケティング戦略を描いても、それを実行するための社内体制が追い付かず、中途半端な取り組みに終わってしまうことは少なくありません。当社の支援では、戦略立案から施策実施、PDCAまで一連の業務を代行するため、新たな社内体制を組み必要なく、高度なデジタルマーケティング活動を実現することが可能になります。

KPO(ナレッジ・プロセス・アウトソーシング)という支援スタイル

短期間で高度なデジタルマーケティング活動を実現

BtoB企業のデジタルマーケティング業務を、戦略から実行まで一括請負する「KPO(ナレッジ・プロセス・アウトソーシング)」という支援スタイルを採用しています。

KPOとは、専門知識が必要な一連の業務プロセスをアウトソーシングで請けるスタイルのことを言います。

戦略から戦術・施策への落とし込み、分析・改善・効果測定・レポーティングまで、一連のプロセスを全てアウトソーシングでお請けすることで、短期間で高度なデジタルマーケティング活動を実現することが可能になります。

また、全てのプロセスを一括で請け負うことで、複数の業者への指示出しやチェック・調整業務、レポート作成業務などの付帯業務が不要になり、ご担当者様は戦略業務や計画策定・コンテンツ企画などの付加価値が高い業務に集中できるようになります。

ワンストップサービスによる費用対効果の最大化

マーケティング活動の全体最適で圧倒的な成果を創出

一貫したブレのないマーケティング施策をご提供するため、ワンストップソリューションを志向しています。BtoB企業のマーケティング手段を取り揃え、マーケティング活動の全体最適を志向することで、より低い費用で、より大きな成果の創出を目指します。

また、マーケティング活動を博打にしないため、単発的な施策実施ではなく、継続的なPDCA活動を重視しています。

プロトタイピングアプローチによる成果創出スピードの向上

トライ&エラーを繰り返しながら、短期間でマーケティング活動を最適化

じっくりと時間をかけてWebサイトの設計・制作を行い、マーケティング施策も特定の施策を決め打ちして6ヶ月なり1年の契約をして実行していく、という方法が一般的なデジタルマーケティングの進め方です。

しかし、激しく変化する市場では、ユーザー行動を分析しながら、トライ&エラーを繰り返し、マーケティング活動の最適化を行っていく方法が有効です。まずは素早く実行し、実行した結果をもとに改良を加えていく「プロトタイピングアプローチ」で、短期間での成果創出を図ります。

マーケティング活動のプロトタイピングによって短期間で費用対効果最大化を図る

弊社クライアントの予算配分例(マーケティング予算70万円) ~ トライ&エラーを繰り返しながらROIが最も高い予算配分を探る

プロトタイピングアプローチで短期間でWebサイトを制作

ロボットと専門家による高精度な分析

高精度なデータ分析に基づく科学的なアプローチで確実に成果を創出

ロボティクス × プロフェッショナルで「広く」「深く」「精度が高い」データ分析を実現しています。「データ」と「経験」の両面からのアプローチで、最適な改善提案を行います。

従来は工数の関係で分析しきれず、「勘」に頼らざるを得なかった改善策立案を、より精度高く実施することが可能になりました。

PAGETOP